画像クリックで拡大写真を表示します。
東宝特撮映画 ゴジラ対デストロイアを熱く語れ
尾道ゴジラ王国3番目のゴジラは平成ゴジラのデスゴジです。
ゴジラ死す!デスゴジはゴジラの体がメルトダウンを起こし発光しているのが特徴です。
初代ゴジラの究極兵器オキシジェン・デストロイヤーとも関連があり、ストーリーの進行でゴジラの原点を彷彿しております。
この映画の見所は対戦相手のデストロイアの進化です。
デストロイア集合体では蜘蛛のごとく動き回る異様な生物でした。
デストロイア集合体はデビルマン似の悪魔のような顔つきと巨大な羽根が特徴です。
4枚の羽根で大空を飛びまわり、終盤でゴジラを尻尾で巻きつけ引っ張るのは凄いシーンです。
その他、進化した怪獣では昭和ヘドラもおり、こちらは別の意味で存在感は抜群でした。
クライマックスではゴジラジュニアが誕生して終わります。
ラストのエンディングも歴代ゴジラのシーンも映り編集もDOODです。
平成ゴジラでは抜群の人気を誇るデスゴジ。ガレージキットも各メーカーからいろいろ発売をされております。

尾道ゴジラ王国所有のデスゴジをご紹介いたします。

びんご経済レポート誌を購読しています。http://www.bingoweb.co.jp/report/
仕事の関係で毎月購読をしております。
内容は地元企業の動向やお店等情報を配信していただいており、非常に参考になっております。
私も昨年仕事の取材を受け7月号に掲載させていただきました。
びんご地区は造船が大きな柱で経済を支えております。
近年韓国に押され3年先から厳しい環境におかれるかもしれません。
造船が潤えば地元中小企業にも仕事がまわり、街でもお金を落とす経済効果が期待できます。
尾道は海事産業が発展しなければ魅力がなくなります。
今後尾道松江線の高速道路が開通すれば大きな経済効果が期待できます。
しかし街なみを見ると、てっぱん効果も薄れ次の打ち手が必要と考えております。
尾道ラーメンやお好み焼きでは一時的なブームで終わりそうです。
尾道こそ映画の街 ゴジラで盛り上げる機会と考え、ホームページで強烈に特撮注魂を発信していきます。
駅前のローカルな映画館で子供のころ観た特撮映画が蘇るのを期待しております。


ゴジラ対デストロイア

ゴジラ対デストロイア2

ゴジラ対デストロイア全景

ゴロザウルス

デスゴジ

デスゴジ2

デスゴジアップ

海上デスゴジ